ルームフレグランス

【詰め替え用がお得!】ドットールヴラニエスのリフィルがおすすめな理由と詰め替え方

みなさん、こんにちは!

ドットールヴラニエスのルームフレグランスにはリフィル(詰め替え用)があることを知ってますか?私は現在お部屋用にはドットールヴラニエスの500mlサイズのボトルが1本、車用に100mlが1本あります。基本的に私はドットールヴラニエスの新しい香りを買うときは、リフィルを購入してます。リフィルのサイズが500mlなので、4:1の割合くらいでお部屋用と車用でリフィルをボトルに詰め替えて使っています。

出典:ドットールヴラニエス

また、最近ではドットールヴラニエス以外のブランドでもリフィルの販売があります。今使っている香りと違う香りのリフィルを使う際、今まで使っていた匂いと混ざらないか不安になるかもしれませんが、この記事でご紹介する方法をマスターすると、不安が解消され、グッとお得にいい香りを楽しめます。

この記事では

  • リフィルがおすすめな理由
  • リフィルを使う際に注意すること3点

について書いていきます。

リフィルを使ったことのない方、リフィルの詰め替え方&注意するポイントを知りたい方の参考になれば嬉しいです!

「実際に使用した商品・サービスのみを紹介しています。アフィリエイト広告を含みます。」

リフィルがおすすめな理由

お買い得になる

ドットールヴラニエスのリフィルは500mlサイズで税込み価格12,100円〜、500mlサイズのディフューザーなら税込価格15,400円〜となっています。リフィルだと3,400円安く購入することができます。

ドットールヴラニエスのディフューザーのガラスのボトルは、ひつひとつ職人がハンドメイドで作り、インテリアとして飾りたくなる美しいボトルのためコストがかかっています。リフィルはペットボトルに液体が入っているので、その分の費用が必要なく、安く購入することができます。

リフィルを使う際に注意すること3点

リフィルを注ぐ際は、一旦入れやすい容器に入れてからボトルに注ぐ

ドットールヴラニエスの500mlサイズのボトルにレフィルを入れる分には問題はありません。私のように廃盤になった100mlサイズや250mlサイズのボトルに入れる際は注意が必要です。

経験談ですがペットボトルに入ったリフィルの口を、直接ガラスのボトルに注いでいた際、大量にこぼしてしまった事があります。それ以来、口の小さなガラスに入れる際はリフィルを紙コップに一度入れ、紙コップの口を尖らせてガラスのボトルに入れるようにしています。

もしくは「漏斗」を使って注ぐのもOKです!

違う香りのリフィルを入れる前はしっかりボトルを洗うこと

同じ香りを継続して使うならそのままボトルに入れても大丈夫ですが、香りを買える場合はボトルをしっかり洗わないと香りが混ざり、本来の香りが楽しめなくなる恐れがあります。

私が昔ドットールヴラニエスを販売していた時、店内に何本もテスターとしてディフューザーを並べていました。その際、古くなった液体を1度捨て、ボトルを食器用洗剤で洗い流して新しいリフィルを注いでいました。

お家では同じボトルに違う香りのリフィルを入れて気分で香りを楽しんでいるので、下記の工程をしてボトルの匂いがなくなったあとに違う香りのリフィルを入れて香りを楽しんでいます。

  1. 食器用洗剤をボトルに入れ、水を注ぎ上下に振って数回洗う。
  2. ボトルの匂いがなくならない場合は、空のボトルに無水エタノールを少量入れ、上下に振り、無水エタノールを捨てる。ボトルに匂いが残っていないかチェックする。
  3. 匂いが残っている場合は匂いがなくなるまで、数回ほど無水エタノールを入れて洗う。
  4. 匂いがなくなった後、ボトルが乾いてから違うリフィルを注ぐ。

ルームフレグランスを購入した後は、同じ香りのリフィルを使って再度香りを楽しむのも良し、ボトルを食器用洗剤で洗い、乾かした後に違う香りのリフィルを入れて気分が変わる違う香りを楽しむことも出来ます。

リフィルのキャップを開けるには少しコツが必要

ドットールヴラニエスのリフィルを買ったものの「キャップが開けれません」という、レビューや口コミをよく見かけます。このキャップには安全性を強化する目的のため、チャイルドロックが掛かっています。なので半時計方向にキャップを回しても外すことができません。外すにはキャップを一度下(垂直方向)に押さえつけ、押さえつけたまま半時計方向に回すと簡単にキャップを外す事ができます。YouTubeにリフィルのキャップの開け方の動画がありましたので、参考にしてみてください♪

まとめ

今回はドットールヴラニエスのリフィル(詰め替え用)のおすすめな理由と詰め替え方について綴ってみました。クラシカルで上品なボトルは大きなほどインテリアとして映えます。そしてリフィルを注ぐ際も溢れることを注意して注がなくてもすみます。

しかし

  • 250mlのボトルなど口の小さなサイズのものを使っている方
  • 他のブランドのものでルームフレグランスの容器の口の小さいものを愛用している方

の中には、リフィルを注ぐ際、気をつかって注いでいる方もいらっしゃると思います。また、ボトルの匂いの取り方を知れたら、違うブランドのリフィルを使いたいと思っていた方もいらっしゃったはずです。そんな人たちの参考になると嬉しいです♪

ABOUT ME
hide
中学生から香水を使い始め、香水歴20年になります。 ドットールヴラニエスのルームフレグランスを3年間販売してました。いろいろな角度から香りの楽しみ方をお伝えしていきます!