香りの楽しみ方

【空気清浄機がいい香りも消す?】ルームフレグランスとうまく併用する方法をご紹介

みなさん、こんにちは。

室内に浮遊するホコリ・ハウスダスト・花粉などを除去し空気をキレイにする便利な生活家電である空気清浄機。香り成分を空気中に広げ、お部屋をいい香りで満たすルームフレグランス。まさに矛と盾の関係性。この2つを併用すると、いい香りが空気清浄機に反応して、ルームフレグランスの香りも消すため相性は悪そうに思えます。

この記事では実際に空気清浄機をルームフレグランスを併用できるのかを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

空気清浄機の役割

空気清浄機は浮遊するホコリ・ハウスダスト・花粉などの汚れや臭気を取り除いて空気をキレイにします。空気をキレイにすることで、新鮮な空気が漂い、心地よい暮らしができます。

特に寒さが厳しくなる冬場にはお部屋を締め切ることが増えるので、お部屋の空気をキレイに保つことができる空気清浄機が活躍します。

ルームフレグランスの役割

ボトルにスティックを挿して空間にいい香りを広げるアイテムがルームフレグランスです。ルームディフューザーやリードディフューザーと名前はいくつかありますが、どれも同じです。

いい香りでお部屋を満たし気分が上がるとともに、デザイン性が高くインテリアとしても置きたいアイテムです。

空気清浄機とルームフレグランスの併用はできない?

空気を清潔に保つ空気清浄機と、空気に香りをつけるルームフレグランス。実はこの2つを同時に使用することはあまり好ましくないとされています。

空気清浄機のフィルターが香り成分を吸い取ってしまう

ルームフレグランスはお部屋に瞬間的に香り成分を広げるアイテムです。ルームフレグランスは元々お部屋に存在する「におい」よりも強い香りを放出します。空気清浄機はお部屋の「におい」よりもルームフレグランスが放つ強い香りに反応して、室内の空気をフィルターを通して吸い込み、清潔な空気として放出します。

そのためルームフレグランスの香り成分は、フィルターの中にある活性炭に吸着されてしまいます。活性炭は表面に小さな穴が空いていて、そこに香りの成分が吸着されて消臭効果を発揮するため、いくらいい香りをお部屋に広げても、空気清浄機を運転させ続けている限り、いつまでたってもお部屋に香りが広がることはありません。

空気清浄機にダメージを与えてしまうことも

また、ルームフレグランスがお部屋にいい香りを広げて、空気清浄機がその香りを吸い取るという悪循環を繰り返すと、空気清浄機にダメージを与えてしまいます。普通のお部屋に比べるとルームフレグランスを使用するお部屋は、活性炭に吸着される香り成分が常に増えてしまうので、空気清浄機の脱臭フィルターの交換時期を早めてしまいます。

空気清浄機とルームフレグランスの併用はできないものの…解決策もあります

それでも「空気清浄機の清浄機能とルームフレグランスのいい香り、どちらも生活に必要!」という方もいるでしょう。その場合には

空気清浄機を動かしていないときにルームフレグランスを香らせる。

という方法がおすすめです。

基本的に空気清浄機は1日30分ほどあれば空気をキレイにします。お部屋の空気をキレイにした後は空気清浄機の電源を切って、その後にルームフレグランスのスティックを上下差し替え、お部屋に香りを広げましょう。すると、お部屋の空気はキレイのまま、いい香りが広がります。

まとめ

今回は空気清浄機とルームフレグランスの併用に関する内容をご紹介しました。

室内のホコリ・ハウスダスト・花粉など除去して空気をキレイにする空気清浄機も、お部屋をいい香りで満たすルームフレグランスも、もはや生活の必需品となりました。

ただし両方を併用して使ってしまうと、生活を豊かにするためのものが、そのどちらの効果も薄まってしまいます。

併用して使う場合は、空気清浄機でまずは空気をキレイにしてから、ルームフレグランスでいい香りを広げる方法が1番効果的な使い方だと思います♪

ABOUT ME
hide
中学生から香水を使い始め、香水歴20年になります。 ドットールヴラニエスのルームフレグランスを3年間販売してました。いろいろな角度から香りの楽しみ方をお伝えしていきます!